ザイザルとは

アレルギー症状を軽減する薬です。

錠剤とシロップがありますが、大人の場合は錠剤での処方が多く、誤嚥の多い高齢者や小児にはシロップが処方される場合があります。

現在花粉症を始めとする種々のアレルギー症状に対処するための第一選択肢として選ばれている薬です。

抗アレルギー薬の主流は「抗ヒスタミン薬」というタイプの薬になりますが、その中でも第二世代と呼ばれる“ヒスタミンH1拮抗薬”になります。

第一世代の抗ヒスタミン薬には

  • 喉が乾く
  • 排尿障害が起こる
  • 眠くなる

などの強い副作用がありましたが、第二世代になるとこうした副作用は減弱されているので、日中でも服用しやすいというメリットがあります。

また、ザイザルは1日1回飲めば効果が効果が持続するため、飲み忘れも起こりにくく、いろいろな面で服用しやすいといえるでしょう。

ザイザルはジルテックと呼ばれる第二世代抗ヒスタミン薬の光学異性体(R-エンチオマー)になります。

内容成分的にはジルテックと変わりませんが、ヒスタミン受容体への感受性をあげ、主成分であるセチリジンが半量でもジルテックと同等の効果があるように改善されているので、ジルテックに比べても副作用が少ないということと、低量薬なので即効性があり、受容体への感受性をあげていることで持続効果が長いというメリットがあります。

こうしたこともあり、現在アレルギーの際に処方する薬としては最もメジャーな薬になっています。

花粉症で代表的な以下の症状

  • 鼻水
  • くしゃみ

を抑制する効果が特に高く

  • 鼻づまり

にもそこそこ効果があります。

また、花粉症以外ではアトピー性皮膚炎や気管支喘息の症状緩和を目的として処方されます。

アレグラとの違い

現在ザイザルと並んで処方される機会が多く、一般薬にもスイッチされたのが「アレグラ」です。

どちらも第二世代の抗ヒスタミン薬ですが、アレグラの主成分は「フェキソフェナジン」であり、効果の現れ方がザイザルとは異なってきます。

では両方の薬を比較してみましょう。

ザイザル

  • アレグラよりも即効性があり、抗アレルギー効果が高い
  • 副作用は少ないが人によっては眠気や喉の渇きを覚える人もいる
  • 食事の制限を受けない
  • 1日1回服用で良い
  • 医療用医薬品なので診察を受けて処方箋を出してもらい、調剤薬局で購入

アレグラ

  • ザイザルに比べると緩やかに効く
  • 眠気や喉の渇きなど抗ヒスタミン薬ではおなじみの副作用はほとんど出ない
  • 食事の制限を受ける(食後服用)またグレープフルーツジュースによって吸収が半減するという飲み合わせも報告されている
  • 症状、年齢等に合わせて適宜増減する
  • スイッチ薬なので同成分の薬は薬局、薬店で購入可能

したがって季節性のある花粉症や軽度のアレルギー発作時に備える薬として常備するのは一般薬としても売られているアレグラ、継続的な治療が必要な場合は医療機関を受診してザイザルを処方してもらうというケースが多くなりつつあります。

アレルギーはなぜ起こる?

アレルギーとは特定の物質(アレルゲン)に免疫系が過剰反応して

  • 鼻水、鼻づまり
  • 咳、くしゃみ
  • 喘鳴感(呼吸が荒くなりゼエゼエする)
  • 喉の違和感(ガラガラする、イガイガする)
  • 喀痰(たんが絡む)

などの呼吸器症状

  • 目のかゆみ
  • 充血
  • 目やに
  • 眼精疲労
  • 角膜炎
  • 結膜炎
  • 涙目

などの眼症状

  • アトピー性皮膚炎
  • 接触性皮膚炎
  • 皮膚過敏症

などの皮膚症状
を始めとして様々な健康被害をもたらす病気の総称です。

アレルギー発作の中でも重篤なものは命の危機を招くものがあり、アレルギーを持っている人は十分に注意をし適切な治療を受けることがとても重要になります。

アレルギーをもたらす原因物質を「アレルゲン」と言います。

アレルゲンの刺激を受けて、上記のようなアレルギー反応がで始めると免疫系の細胞の一つである「肥満細胞」からヒスタミンと呼ばれる化学伝達物質が放出されます。

「ヒスタミン」とは
“外傷や熱傷などの物理的侵襲(体へのダメージ)や薬物などの化学的侵襲に対してその進行を食い止めるために活性化し血液中に放出される物質”
と定義されています。

つまり、何らかの刺激によって体にダメージが与えられると血液中にはヒスタミンの量が増え、脳に情報を提供し、脳はヒスタミンから得た情報を元に免疫系に指令を出すのです。

つまり、アレルギー発作が起こっている状態を平たく言えば
「ヒスタミンからの情報過多で脳が混乱していて免疫系に必要以上の出動命令を出している状態」
なのです。

抗ヒスタミン剤は脳に届けられるヒスタミンの量を減らし過剰なアレルギー反応を起こさないようにすることを目的として処方される薬です。

ザイザルの主成分である「セチリジン」にはヒスタミンを受け取り脳へと届ける「ヒスタミン受容体」の働きを阻害する作用があります。

また、ヒスタミンだけでなく「ロイコトリエン」などアレルギーに関連する化学伝達物質の遊離(放出)も抑制する作用も確認されています。

このことから「セチリジン」の主な作用はヒスタミンの合成を妨げることではなく、ヒスタミンを脳に届ける「ヒスタミン受容体」の働きを妨げたり「ロイコトリエン」などの化学伝達物質の血液への放出を抑制することで複合的にアレルギー反応を抑えるというものになります。

副作用禁忌について

ザイザルには第一世代の抗ヒスタミン薬のような強い副作用はありません。

しかし、人によっては似たような副作用を覚える場合があるので、副作用や禁忌、飲み合わせなど薬を服用する際に注意すべき点について説明してきます。

(診察を受ける際の注意点)

持病やアレルギーのある人、あるいは何らかの投薬を現在受けている人は医師にそのことを伝えるようにします。

薬の手帳を最大限活用してください。

(禁忌について)*投薬できないケース

  • 重い腎臓病を持っている人には投与できません。

(投与には十分な注意が必要なケース)

  • 腎臓病、肝臓病、てんかん、高齢者の場合は処方の際十分な注意が必要です。

(通常の半分以下の服用から開始します)

  • 喘息治療薬のテオフィリン(薬品名:テオドール)やエイズの治療薬リトナビル(薬品名:ノービア)との併用は相互作用を起こし、薬の効き目を弱めたり、副作用を強める可能性があります。
  • 抗不整脈薬のピルカイニド(薬品名:サンリズム)との併用は相互作用により両薬の血中濃度が上がり、ピルカイニドの副作用が強まる傾向があるということが報告されています。
  • 安定剤や睡眠薬など「脳の神経を鎮める」効果がある薬と併用すると神経系の副作用(眠気、ふらつき)などが出やすくなります。
  • アルコールとの併用は眠気を強める恐れがあるので、飲酒はできるだけ控えます。

(副作用について)

前述したようにザイザルはそれほど強い副作用がある薬ではありませんが、人によっては副作用を感じる人もいます。

これまで報告されている副作用は以下のとおりです。

(一般的なもの)

  • 眠気
  • だるさ
  • 頭痛、頭重感
  • 口の渇き
  • 吐き気、食欲不振

(重大な副作用)*めったにない症例ですが、初期症状などには十分に注意して心当たりのある症状が出たらすぐに使用を中止し主治医に相談するようにしてください。

  • アナフィラキシーショック:悪心(気持ち悪くなる)、冷や汗、顔面蒼白、手足の冷えや痺れ、蕁麻疹、全身発赤、顔や喉の腫れ、めまい、低血圧状態、意識障害(目の前が暗くなり、意識が薄れる)など
  • 痙攣発作:筋肉のひくつき、震え、白目、硬直、全身痙攣、意識障害
  • 肝機能障害:だるい、食欲不振、吐き気、嘔吐、発熱、発疹、皮膚掻痒感、黄疸、尿が茶褐色になる
  • 血小板減少症:鼻血、歯茎からの出血、血尿、皮下内出血(青あざ、血豆)、出血傾向

など。

(花粉症への投与)

花粉症に対するザイザルの投与はシーズン前から行われることもあります。

その時はシーズンが始まってからも指定された期間継続して服用するようにします。

服用を中止してアレルギー反応が出た場合、薬を再開しても効きづらくなるケースがあります。

また、比較的すぐに効果がでる薬ですが、体質によっては効果が出るまで数日かかる場合もあります。